【住まい手インタビュー】高断熱高気密住宅+全館空調システムで快適な暮らし!

前回の記事では、北洲の住まいの温熱環境調査の結果、高断熱住宅は概ね快適な温熱環境を実現できていること、とりわけ全館空調システムを採用し、冷暖房設備の連続運転を行なった場合にはさらに温度が安定することについて、データをもとに紹介した。

では実際の住まい手の快適性はどうなのか、その評価を施主であるK様に聞いた。

 


※写真はイメージ

 

『基本性能』を重視した家選びと、家族で住みながらつくる『快適性』

― K様邸は延床面積が約54坪、二世帯住宅として建てられたそうですが、家づくりで重視したのはどんなことですか?

K様(ご主人):断熱性・気密性を含めた基本性能と全館空調は絶対条件でした。それと、安全性と耐火性はもとより、メンテナンスのしやすい外装材、この3つです。
それ以外のこと、間取りや仕様なんかは、すべて妻と息子夫婦に任せましたね(笑)。

 

― 1年間、リビング、脱衣室、寝室の3か所で温熱環境測定を行わせていただきましたが、驚くほど温度が安定していました。

K様:基本性能がしっかりしているから、全館空調で家中が均一な温度になるのだと思います。ただ、住みながら工夫した点はいくつかあります。
例えば、我が家の場合、南西に位置する子世帯のリビングダイニングは、デザインの都合で軒の出が無いため、どうしても夏場に西日が入ると、少しだけ温度が上がってしまいます。そこで、リビングの入口側から室内へ、対角線上に扇風機で風を送ってみたところ、対流が起きてリビング全体がとても快適になりました。
このように、家族みんなで少しずつ工夫を重ねて、住みながらさらに快適な家にしていきました。

 

― 住んでからの調整でさらに快適になったのですね!夏は西日対策とのことですが、冬場はいかがですか?

K様:冬場は、天気予報で明朝の気温が低いことが分かると、就寝前に設定温度を少し上げました。そのおかげもあってか、北側の私の寝室に設置した温度計では、データからもわかるとおり21度以上をキープしていて、とても快適でした。
私の場合は、以前の家がとても寒くて、結露もひどかった。とにかく暖かい家は絶対条件でした。全館空調は全部屋を暖めるので、光熱費は少し高くなりますが、妻は風邪をひくぐらいなら光熱費がかかってもいいと言います。私もその意見に賛成で、風邪をひいて寝込むよりも、元気に光熱費分を働いて稼いだほうがいい(笑)。新居に引っ越して5年になりますが、引っ越してから実はまだ一度も風邪をひいていないんです!

 

 

 

熱効率と快適性、コストのバランスに配慮した住まいづくりを

家自体の基本性能がいちばん重要なことは言うまでもない。断熱はあとから容易に追加できないし、長く暮らす場所だからこそ、数十年先まで見据えてつくる必要がある。
そのうえで、家中の温度ムラをなくすためには、冷暖房設備の連続運転が欠かせない。ダイキン工業の調査によると、エアコン稼働の時間帯によっては連続運転のほうが、間欠運転よりも消費電力が少なくて済むというデータもある。
https://www.daikin.co.jp/air/life/issue/mission05/

前回、建築的手法と機械的手法の組み合わせが重要であることを述べたが、K様のお話からわかるように、これらの手法に加えて「住まい方の工夫」が合わさることによって、快適性は向上する。

 

 

熱効率と快適性、ランニングコストのバランスに配慮した家づくりが重要である。決して簡単なことではないが、北洲はそのベストバランスをこれからも追求し、健康的な暮らしのために提案していきたい。

 

断熱リノベーションで、家族が健康に暮らせる居心地のいい「ホーム」を実現

今回は、実際に断熱リノベーションをされた住まい手の方へ、その経緯や想い、さらには住んでみての感想を聞いた。

 

これからの時代の住宅取得のカタチ「中古住宅購入+リノベーション」

仙台市内。自然に囲まれた、閑静な住宅街に立つM様邸。シューズクローゼットを擁する玄関、キッチン&ダイニングとひと続きになったリビングなど、広く大きな空間で構成されたゆったりと穏やかな住まいは、築26年の一軒家を2年前にリノベーションして完成。春夏秋冬を2回めぐり、冬のあたたかさ、夏の涼しさを大いに実感されているM様に、その選択の経緯や感想をお伺いした。

 

医療留学をされていたアメリカでの生活体験がその後の住まい方にも影響を。

「結婚してマンションを購入していたものの、夫婦ともに一軒家で育った私たちにとって、将来的にはやはり一軒家で暮らしたいという思いがありました。」というM様。

日本に戻ってきて、どこに住むのかを考えた時、「新築も含め、あらゆる可能性を検討した結果、中古住宅購入+フルリノベーション」を選択。

「アメリカでは、リフォームを題材にした様々なTV番組がありました。リフォームすることでどう付加価値を与えていくのか、そのアイデアが次々に出てくるのを見るのが好きでした。」

リフォーム・リノベーションを身近に感じられた、そんなアメリカでの生活体験が、M様が「中古住宅購入+リノベーション」という選択肢を自然に検討することになった理由の一つなのだろう。

 

中古住宅を購入。そして、リノベーションへ。

「家を新築するとなると、どうしても郊外に土地を求めざるを得ない場合が多いと思います。
 しかし、老後を見据えたとき、やはり公共交通機関の利便性が高い場所に住んでいたい。
 そう考えた結果、住みたい街で “中古住宅を購入する” という手段を選んだんです。」

M様は、また別の視点でも「中古住宅のリノベーション」の価値を捉えていた。

「かつての “新興住宅地” の多くは建替えの時期を迎えています。そうした古い街並みを活性化するためにもリノベーションという文化が日本にもっと根づいて欲しい、という思いもありました。」

具体的にリノベーション工事を進めていく過程も、M様はとても楽しかったという。

「新築と違ってリフォームはいろいろな制約が多いので、思うような住まいにはできないと考えがちですよね。ですが、自分たちのライフスタイルをしっかりと見つめ直すことで、リフォームならではの様々な障壁をブレイクスルーできた感がありました。これはできないかな?と思うようなことがあっても、担当者とアイデアを出し合いながら、“我が家”につくり変えていく過程が、むしろとても楽しかったですね。家族の住まい方を改めて見つめ直すきっかけにもなりました。」

 

家族がゆったりとくつろげる「ホーム」に

家族団らんのメインとなるリビングは、天然木の床や天井、漆喰の壁と自然素材をふんだんに使ったナチュラルな雰囲気。
そこに黒のインテリアが調和し、クールでモダンな印象を生み出している。
子供部屋には小窓を付け、書斎はブックシェルフとオープンカウンターで構成するなど、プライバシーを保ちながらも遊び心が随所に感じられる住まいだ。


 

「以前は忙しいこともあって“家は寝るために帰るだけの場所”という感覚がありましたが、家族の時間を大切にするアメリカの風土に触れたことで、“家族の温かい団らんの場所でありたい”と考えるようになりました。家に対する考え方がハウスから“ホーム”へと変わったんです。」

開放的な間取りを実現できるのも、高気密・高断熱があってこそ。リフォームでは、床下、壁、天井をすべて断熱改修し、暖かい家を実現している。

 

さまざまな発症リスクを防ぐ高気密・高断熱住宅

「寒い家には、血圧の急激な変化に伴う脳疾患や心疾患、さらには肺疾患へと繋がる危険性がひそんでいます。また、本来であれば安らぎと寛ぎの場でなくてはならない家が寒いと、ストレス解消を妨げ、精神疾患の発症リスクまで高まってしまうことも、最近の研究では知られつつあります。」

 

 
医師であるMさまにとって、住まいは健康を守るもの。
それが、今回の断熱リノベーションという選択に繋がった。

「暖かさはもちろんですが、結露がないというのもこれまでの住まいとの大きな違いでしたね。2年経って、天然木の温度、湿度もちょうど馴染んできたな、と実感しています。これからは、物を増やさないなど自分たちの生活の仕方を省みながら、さらに心地よい暮らしを実践していきたいですね。」

 

ページトップへ