「平均寿命」よりも「健康寿命」が約10年短い日本。
自分や家族の幸せのためには、
病気や寝たきりで過ごす「不健康な期間」を、できるだけ短くすることが大切だ。
そこで今回は、「健康寿命」を縮めてしまう「不健康な期間」の原因について考えてみた。

 

「寿命」と「健康に過ごせる期間」の差は約10年!?
「平均寿命」に対して最近よく耳にするのが「健康寿命」。
これは「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を意味する。
つまり、「平均寿命」から「健康寿命」を差し引いた期間は
病気で入院したり、ひどい場合は寝たきりになったりしてしまう「不健康な期間」ということ。
実は日本では、この「不健康な期間」が平均で10年近くあることが分かっているのだ。

 

要介護の主な原因は「認知症」と「脳卒中」
「不健康な期間」を過ごす人のほとんどは、介護が必要な状態だ。
要介護になる原因は様々だが、主な原因は「認知症」と「脳卒中」。
最も重度な要介護5の場合、原因の約3割を「脳卒中」が占めており、
発症した場合はとても深刻である。

 

「高血圧」は「脳卒中」のリスクを高める危険因子!
「脳卒中」とはどんな病気なのだろうか?
実は「脳卒中」にはいくつかの種類がある。
大きくは、脳の血管が詰まるタイプの「脳梗塞」と、
脳の血管が破れて出血するタイプの「脳出血」や「くも膜下出血」の3つに分けられる。

 

では脳卒中はなぜ起こるのだろうか?
糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙、大量飲酒など原因はいろいろあるが、
最大の危険因子は「高血圧」。
まずはこれを防ぐことが、要介護状態になってしまう「不健康な期間」を縮めることになり、
「健康寿命」を延ばすことにつながるのだ。

 

今回、脳卒中の危険因子として「高血圧」が挙がったが、
実は「血圧」と「家」には密接な関係がある。
次回はその関係性について触れていく。

次回あたたかい住まいと血圧の関係